脂質異常症の食事管理で気をつけたいこと

脂質異常症の食事管理で気をつけたいこと

脂質異常症とは、血中のLDLコレステロール、トリグリセリドが高いか、HDLコレステロールが低い状態のことを言います。
脂質異常症は、将来動脈硬化性疾患にかかるリスクが高くなるため、検診や内科で脂質異常症を指摘された方は、動脈硬化性疾患を起こさないために食事管理や運動に気をつけていく必要があります。

 

脂質異常症の食事管理の基本は、1日の摂取カロリー量を適正化するとともに、栄養素配分の適正化を行うことです。
その際の栄養素配分のエネルギー比は、炭水化物約60%、たんぱく質15-20%(肉より魚、大豆を多く摂ります)脂肪20-25%(植物性、魚肉性脂肪を多く摂るようにします)です。

 

また、コレステロールは1日300mg以下とし、食物繊維は1日25g以上摂取することが推奨されています。
更に、ビタミンC、E、B6、B12、葉酸やポリフェノールの多い野菜や果物も多く摂取することが推奨されていますが、果物は1日80-100kcal以内にするよう気をつけなければなりません。

 

アルコールはLDLコレステロールの上昇につながるため、アルコールの摂取については1日25g以下にすることも勧められています。
1日25g以下のアルコールは、ビールだと約500ml、日本酒だと約1合、ワインだと約グラス2杯分です。

 

以上の点に気をつけた食事管理をしていくことが必要です。